年金手帳で年齢確認をする場合

年齢確認時の証明書は、全体が映るように撮影をしていただく必要がありますが、

年金手帳の場合、生年月日は手帳内のページに、証明書の名称と発行者名(発行元)は表紙に記載されているため、下記手順を参考に画像の撮影をお試しください。

なお、表紙と生年月日の記載されたページを別々にお送りいただいても年齢確認は完了しません。

 

1. 年金手帳を開く。

_____.jpg

 

2. そのまま裏返す。

_____.jpg

 

3. 裏表紙(左側)を捲っていき、生年月日が記載されたページと表紙が確認できるように撮影する。

_____.jpg

赤い枠の箇所が「証明書の名称/発行者名/生年月日」となりますが、これらがきちんと確認できるように、年金手帳全体を撮影してお送りください。

※画像は氏名や性別、交付年月日等にマスクをかけていますが、マスクはかけずにお送りください。